投資信託

名刺交換中

不動産投資をする際には、不動産投資顧問業者に依頼して、アドバイスを受けながら運用することができます。
ただし、不動産投資をするには、まとまった資金を必要とし、これらの業者に仲介料を支払うことが厳しい人もいます。
その際は、投資信託を利用するというのも選択肢の一つです。

・投資信託
投資信託とは、投資のプロに資産の運用を任せる投資方法です。
投資信託で扱う金融商品には、資源や金融商品の他に、不動産を扱うものもあります。
投資信託の特徴は、投資のプロが資金を多数の投資家から集めて、運用を行ってくれるものです。
そのため、一人当たりの資金を少額にすることができます。...

Read More

責任

握手をする

不動産投資を行う際には、不動産投資顧問業者を利用することで、情報の非対称性を解消することができます。
しかし、不動産投資顧問業者に依頼する際にも、投資の責任を負うのは投資家であることを明確にする必要があります。
不動産投資顧問業者と契約を結ぶ際には、自分の責任がどこにあるのかを明確に知っている必要があります。
たとえば、不動産投資顧問業者の情報によって行った投資で損をしたとしても、損失額を請求することは原則できません。
ただし、以前から、投資顧問業者による詐欺が横行していました。
そのため、現在では「投資顧問業法」によって登録を行った業者だけが、投資顧問業を行うことができるようになっています。...

Read More

老朽化

走るサラリーマン

不動産投資で、マンションなどを利用する際は、どうしても老朽化の問題が生じます。
老朽化が進むと、修繕費にかなりの資金を投資する必要ができることや、最終的には取り壊す必要があります。
中古物件を利用した不動産投資を行う際は、購入以前に老朽化についてあらかじめ考慮している必要があります。
購入しても、老朽化がひどく、資金を回収できないこともあるので注意が必要です。
老朽化のリスクが不安な場合は、不動産投資顧問業者を利用するほうが安心できます。
不動産投資顧問業者によって情報を得ることができます。
また、不動産投資顧問業者の中には、業者で不動産を扱っていることもあるので、老朽化の管理を任せることもできます。...

Read More

資金流動化リスク

青空とビル

不動産投資には、さまざまなリスクがあります。
資金流動化リスクは、金融商品などにはあまり見られないリスクです。
これは、不動産が現金化し辛いというリスクです。
人気のある場所などであればいいですが、その場合は、長期間保持しているほうが得することもあります。
不動産投資顧問の分析を利用して、リスクを考慮するようにする必要があります。

Read More

諸費用

ビルの下に立つ

不動産投資を行う際は、不動産の仲介料などの諸費用がかかります。
また、投資顧問業者を利用する際には、さらに手数料がかかるので注意が必要です。
これらの諸費用を考慮して投資を行う必要があります。

Read More